▼ MENU

子宮筋腫

1、どういうもの?

子宮にできた良性腫瘍です。
女性ホルモンの過剰な分泌によって筋腫が大きくなり、閉経後は小さくなります。
できた場所、大きさによっては妊娠の妨げになります。

・粘膜下筋腫:子宮の内側にできた筋腫。不正出血や不妊症の原因になります。

・筋層内筋腫:子宮の筋肉の中。小さいものは症状が出ず、大きいものは不正出血、流産、早産の原因となる。

・漿膜下筋腫:子宮の外側。大きくなるまで、症状が出ない。

2、症状

月経血量増加、月経痛、月経時以外の出血(不正出血)、腰痛、頻尿など。
子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強く、月経量が多くなります。
子宮の外側にできた筋腫は相当大きくなっても症状が出ません。

3、所見

超音波で診断します。
大きな筋腫や手術をする場合にはMRI検査をすることもあります。

4、治療

手術:子宮全摘出(子宮を取ってしまう)、筋腫核出術(筋腫だけとる)方法があります。
薬:ピルを服用します。

5、鍼灸

女性であれば誰が発症してもおかしくない子宮筋腫。発症してしまったということは、冷え体質であったり、ストレスを溜めやすい、睡眠不足などによって血行が悪い状態になっていて、免疫力が落ちていることが原因の一つの可能性があります。
鍼灸は自律神経のバランスを整えたり、免疫力を高める働きがあります。また、肩こりや腰痛、便秘などの不調を改善することで、子宮筋腫を改善、維持、悪化を予防することに鍼灸は有効です。


院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報