▼ MENU

子宮奇形

1、どういうもの?

子宮の形の先天的な異常で、女性の5%にみられます。
種類は

・中隔子宮・・・子宮の形は正常で内腔の真ん中に壁があるもの。→不育症に多いタイプの奇形。妊娠しても早期流産、早産を引き起こしやすいです。

・双頚双角子宮・・・子宮が二つに分かれていて子宮奇形の中で最も多い種類です。
→流産の原因になります。開腹手術を行うことが多いですが、 双角子宮のままでも妊娠することはあります。


・重複子宮・・・独立した子宮が2つあり、子宮口も膣も2つあるものです。
→手術はしないことが多く、状態のいい方の子宮で体外受精をすることがあります。

・副角子宮と単角子宮・・・左右のミュラー管が癒合して子宮が形成される過程で、片側が欠損したり、副角として痕跡だけを残すもの(副角子宮)です。子宮の大きさが、通常の半分の大きさしかないこともあります。→手術で治すことは難しいです。

・弓状子宮・・・子宮の上(子宮底部)がくぼんでいるものです
があります。
→不妊や流産の原因になることはあまりなく、手術で治すことも多くないです。

2、症状

形態によって様々ですが、多くは無症状で、習慣性流産、不妊、難産の原因になることがあります。
膣に通じていない形態の子宮奇形の場合は、月経血が溜まって月経時に下腹部痛が現れます。その他、性交痛の原因になることあります。

3、所見

超音波断層法検査、MRIで検査しても確実なことはわかりません。
子宮卵管造影検査、子宮鏡検査(ファイバスコープで子宮の内腔を見る検査)を行って診断されます。

4、治療

奇形があっても無症状の場合もあります。
手術を勧められるケースは、
 1、流産早産を繰り返す双角子宮や中隔子宮の場合

 2、他に明らかな原因のない不妊症で子宮奇形の関与が考えられるもの

 3、月経痛、下腹部痛、性交痛が子宮奇形と関係していて、手術によって改善が期待できる場合 

5、鍼灸

奇形は針ではどうしようもないものです。
子宮卵巣に血液を送り込んで、活発にさせることで子宮卵巣のコンディションを整えます。


院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報