▼ MENU

子宮頸管炎

1、どういうもの?

子宮頚部に病原体(クラミジアや淋菌、膣内に感染したブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌など)が感染して炎症を起こすものです。分娩、人工妊娠中絶などで細菌感染してしまうこともあります。また、生理用のタンポンの出し入れや長時間の使用で細菌が増えることで頸管炎の原因になることがあります。

2、症状

急性期では、膿性で粘り気のある黄色や黄緑色の、粘液性のおりものが増えるのが特徴です。
慢性期には膿性で粘り気のある黄白色のおりものが継続して分泌されます。
急性期、慢性期に尿道炎、子宮内膜炎、骨盤腹膜炎を併発している場合には排尿痛、下腹部痛、発熱も現れます。

 

3、所見

専用の綿棒で子宮頸管から分泌液を採取して、炎症の遠因となっている菌を突き止めます。
クラミジアの場合は専用の綿棒で子宮頸管からの分泌物を採取する方法と血液を採取する方法があります。

4、治療

原因菌を突き止めて、抗菌薬、点滴、膣内投与を行います。
膣内の洗浄、消毒などの処置をすることもあります。

5、鍼灸

感染は鍼灸でも防ぐことはできないですが、疲労が溜まっていたり、ストレスがあることで免疫が下がっていると、病原菌に対しての抵抗力も弱くなり、感染しやすくなります。
疲れ、ストレスの解消、免疫を高く保つために鍼灸は有効と考えられます。


院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報