▼ MENU

性器クラミジア感染症

1、どういうもの?

クラミジアトラコマティスという病原体が性交によって感染する疾患です。放置してしまうと、卵管の炎症から卵管周囲が癒着してしまったり、子宮頸管炎から骨盤炎を起こすことになり、不妊、子宮外妊娠の原因になります。

2、症状

男性:尿道からの膿、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れ、軽い発熱、痛み

女性:おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛み
女性は比較的に症状が乏しいので、男性に比べて気付くのが遅いことがあります。

咽頭感染:のどの腫れ、痛み、発熱

3、所見

病原体を探します。
男性:出始めの尿を検査します。
女性:子宮頸管からの分泌液を検査します。

4、治療

1日~1週間、抗生剤を服用します。
腹膜炎や肝周囲炎が出ている場合には点滴をします。
卵管に支障をきたしている場合には手術をして卵管を開通することもあります。

5、鍼灸

正常な膣や子宮の入り口には異物が入らない様、防御作用があります。しかし、多量の菌が侵入してくると感染してしまいます。疲れやストレスが溜まっていたり、お腹が冷えていると、免疫力は下がり、感染もしやすくなります。
疲れなどを溜めないこと、お腹の血流を良くしておくことが大切です。
既に不妊で悩んでいて、クラミジアの検査をしていない場合には、早めに検査を受けるようにしてください。
またパートナーも一緒に受けてください。


院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報