▼ MENU

乏精子症

1、どういうもの?

精子の数が少ない状態です。
主に、精索静脈瘤(精巣の静脈に血液が逆流する)、造精機能障害(精巣の働きが悪く精子が作られにくい状態)が原因で起こります。また、詳細に検査をしても原因のわからないものも多いといわれています。

2、症状

静脈瘤は左側の陰嚢にできることが多く、モコモコした感触があります。
長時間座っていると、静脈るうが圧迫され、血流が悪くなり、痛みが出ます。

3、所見

精液検査にて、正常値以下の場合に
正常値
・精子濃度
2000万以上/1ミリリットル 
(自然妊娠には4000万以上あることが望ましいとされています)
・精子運動率
射精2時間以内で前進運動50%以上
・奇形率
30%未満は奇形精子症

4、治療

精索静脈瘤の場合には、手術にて瘤をなくします。

5、鍼灸

静脈瘤がなく、精液が正常値より低い場合、ストレスや疲労によって血流が悪くなることで、精液の状態も悪くなることがあります。そういったストレスや疲労を改善し、血流を改善することで精液の状態も良好になります。


院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報