▼ MENU

冬の冷えをとってポカポカにする方法パート1【千葉県柏市】不妊・婦人科・美容鍼の治療院

投稿日: 2018年12月21日  | カテゴリ: 不妊治療セルフケア動画セミナー

 

小:こんにちは。
千葉県柏市のスタジオシュカ鍼灸治療院です。
今日もよろしくお願いします。


宮:よろしくお願いします。
今日は、冬の冷えを簡単に解決する方法。

簡単ではないという人もなかにはいますが、

冬の冷えって僕はここで見ている限りは
8割は「あるもの」が原因です。


小:洋服。


宮:8割が服ですね。

たとえば、靴がぺらぺらとしたスニーカー。
コンバースのキャンバス地みたいなのを
履かれている方とか、

靴下を履いていたとしても
足首が出ているとか、

これだけでも全然冷え方が違うので、

できればミドルカット以上の
靴を履いて欲しいし、
ズボンとスカートだったら絶対ズボン。

ズボン(裏起毛)VSストッキング+ズボン
だったらどちらだと思いますか?


小:裏起毛。


宮:そうですね。ストッキングは冷えます。

なんでかというと締め付けが強いので、
短期的にはむくみが取れたり
足がキレイにというのはあると思いますが

長い時間履いていると収縮して
血を巡らせるということは、

逆に言えば
血の巡りが悪くなるということなので
足先がどんどん冷えていきます。


小:ヒートテックももひきは?


宮:素材によります。
ナイロン系は結構冷えます。

化学繊維は何気に体を冷やすので、
できたらオーガニックコットンやシルクなど、

オーガニック系の素材の
ももひきがいいですね。

できたら裏起毛のほうがいいということですね。

ももひき着ていて足がひんやりする
感じはないですか?
ももひきとかストッキングとか。

ストッキング+ズボンで足首が出ていて
パンプスという方いるじゃないですか。

あれは絶対冷えます。

オーガニックコットンのルーズソックス
とかがあれば結構最強だと思います。

なんでもいいですけど、
締め付けの素材は一時的には良いけど
長時間履くのにはあまり向いていない
ということですね。


あとはお腹。
上着がお尻まできているかどうかですね。

これで全然お尻周りの冷えが変わってくるので
そのほうがいいし、

アウターが風を通さない
素材になっているかどうか。

意外と真冬にウールのアウターを
着ている方がいますが、
ウールは風を通すのであまり良くないです。

裏地が入っていればまた別ですけどね。


あとは手袋。
短時間だと手袋しないとかあると思いますが、

手袋をしているか、していないかだけでも
全然冷え方が変わってきます。

室内でも靴下履いても寒かったら
手袋をすればいいです。

手袋とマフラーとか巻いているだけでも、
ハイネックを着るだけでも全然違います。


あとは帽子をかぶっているかどうか。
ニット帽がいいですね。

直接風が当たらなければ
ニットでなくてもいいと思います。

あとは耳が隠れているか、隠れていないかで
全然体温の保持が変わってきます。

女性は髪の毛が長かったりするので
ニットに限らなくてもいいです。


こういうのを一つ一つ見直すと、
絶対どこかすきま風が入っているんですね。

今日言いたかったのはここだけです。

すきま風が入る服装をしていると
どんどんそこから冷えてしまうので

それをなくしていくことと、
あとは締め付けを気をつけること。

この2つを徹底するだけで
冬の冷えは全然変わります。

基本的には一番下のインナー+
上に保温系の素材、ウールとかね。

その外に風を通さない系。

この3つの組み合わせを必ずすることで
冷え方は全然変わります。

あとは素材が温かい物がいいです。


小:本日も動画をご覧くださりありがとうございます。
よろしければチャンネル登録と
「いいね」をお願いします。


アーカイブ

2018

最新記事

院長の書籍

鍼灸を温めれば妊娠体質になる!
(自由国民社)
もう迷わない!あなたに合った授かるお腹の作り方(Kindle)
思わず感涙!すごいセラピスト49人に出会える本(現代書林)

妊活情報